プレママさんと働くママの、わくわく子育て😊

妊娠、出産、流産、子育ての体験談をお届けできたらいいなと思い、ブログ開設しました(^^) ぜひ、たくさんの皆さんと繋がれますように♡

ベビ待ちの方へやっておいてほしい3選 《②風疹の抗体検査》

スポンサーリンク

 

 

前回に続き…

妊娠前にやっておいてほしいこと!

 

風疹の抗体検査です。

 

 

 

20代後半から40代の若い世代の風しん患者が増えているそうです。

現在は、麻疹・風疹の予防接種は1歳の時と小学校入学前の2回接種に定められていますが、この世代は1回接種とされていたため抗体がない人が多いようです。

 

f:id:teyan32:20190730201027j:image

 

わたしは、実際妊娠後に抗体検査を受け、

抗体が全然ないことが発覚しました((((;゚Д゚)))))))

 

常にマスクをしても危険は回避できないとのことで、本当にヒヤヒヤ毎日を過ごしたのを覚えてます。

 

実際、妊娠中に感染すると、お腹の赤ちゃんにも感染する可能性があり、重篤な後遺症をのこす

 

先天性風疹症候群  を発症する危険があるそうです。

 

f:id:teyan32:20190711004357p:plain

先天性風疹症候群

 ※ 先天性風疹症候群とは...

免疫のない女性が妊娠初期に風疹に罹患すると、風疹ウイルスが胎児に感染して、出生児に先天性風疹症候群 (CRS)と総称される障がいを引き起こすことがある。

 

●妊娠初期の12週未満
妊娠初期の12週未満で感染すると、産まれてくる赤ちゃんに障害があらわれる可能性が高くなります。

妊娠初期での風疹感染は、

約20~50%の確率で先天性風疹症候群を発症します。

 

●妊娠18週以後
妊娠18週以後は、先天性風疹症候群を引き起こす確率はほぼ0%です。

 

妊娠初期が、いかに大事な時期が、ご理解いただけるとおもいます。

 

まずは、ご自身に抗体があるか確認して頂き、抗体がない場合は、早めに予防接種を受けましょう!もちろん、パートナーが菌を持ち込む可能性もあるので、パートナーと一緒に検査、予防接種を受けてください(^^)

 

↓↓ ブログ村に参加してます!クリックして頂けたらうれしいです♪

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 赤ちゃん待ち情報へ
にほんブログ村